予備試験に合格した私だから伝えられる!法学の基礎基本!

予備試験・司法試験の合格を目指していた私が法学の基礎基本とは何か…ということに悩み苦しんだ結果、たどり着いた答えを書き綴っていきたいと思います!難しい論点を解説しようとはしていません。法律の資格試験に合格するのに必要なことは法学の基礎基本を見極め、理解することだけです!

予備試験短答はこれでクリア! 六法を使った短答学習法

この学習法の目的

 
とにかく六法をたくさん引く。
短答問題を題材にしながら、法律の構造や仕組みを学ぶ。
短答学習を単なる暗記時間に終わらせず、法的思考の養成につなげる。
予備試験短答合格後、スムーズに論文合格につなげられるように準備する。
 

この学習でどんな自分になるのか?

①頭の中に六法のイメージを持てるようになる
たくさん六法を引くと、自然とそのイメージが脳内に植え付けられていきます。それは、まるで計算の早い人が脳内でそろばんをはじいているかのようです。
 
②答えだけでなく、その導き方を極められる
正誤を判断できるかどうかも大事ですが、それだけでは不十分です。「条文から」正しい法的思考に基づいて答えにたどり着けるようにならなければいけません。「初見の問題に弱い」受験生は、これが出来ていません。
 
③短答知識を論文で使えるように整理できる
短答をクリアするだけでは、予備試験に最終合格することはできません。ただ、いざ短答と論文の勉強を両立しようとすると、勉強量が大変なことになります。短答で学んだことをそのまま論文でも使えるように意識しながら、勉強していくことが大切です。六法と法知識を密にリンクさせることで、それが可能になります。短答知識さえあれば、ある程度の合格答案は書けます。
 
④論文で戦えるだけの問題分析力を備える
「何を書いたらいいかわからなかった・・・」は論文不合格者あるあるです。それは、単に目の前の具体的事実関係を条文から整理することが出来ていないことが原因です。短答の問題は、比較的それがやりやすい。短答問題を条文からきちんと整理する術を学べば、論文で戦えるだけの問題分析力の基礎を作ることが出来るでしょう。
 
※具体的な学習のサポートにはこちら・・・
 
 

法学のコンパス1~総論~(全13ページ)販売します

undefined

 
 

法学のコンパス2~各論~(全40ページ)販売します

undefined

 
 

司法試験・予備試験の合格徹底的にサポートします

undefined

 
 

具体的な学習法

 
最低同じ短答問題集を5周する
 
1周目:問題文を一読する→すぐに解説を読んで該当条文(何条の何項か?)をチェックする
※問題を解く必要はありません。その問題と条文をリンクさせるだけでオッケーです。わからなくても大丈夫。最初の目的は、とにかく条文に数多く触れること。問題によっては、該当条文がないこともあります。そういう時もあるんだな、と思ってもらうだけで十分です。
 
2周目:問題文を一読する→すぐに解説を読んで該当条文の文言までチェック
※問題を解くにあたり、条文のどの文言が問題となっているかをチェックすることが目的です。まだ解けなくても大丈夫。2周目のうちに、「条文にはなんて書いてあるんだろう?」という疑問が浮かぶようになればオッケーです。
 
3周目:問題文を読む→解答する→解説を読みながら条文の文言の意義までチェック
※ここでは、文言の意義まで踏み込んで勉強します。3周目くらいにいなると、「この問題前にも解いたな」という問題が増えてくると思います。それくらいの認識を持てていると、文言の意義など細かい部分の暗記もスムーズに進むようになってきます。
ちなみに、条文素読という勉強法があります。条文をただひたすら読むという勉強です。条文素読をしたい人は、これくらいの段階でやってみるといいと思います。条文の読み方もある程度分かってくるはずなので、少しは楽しめるでしょう。ただ読むだけでなく、関連条文を思い出してみたり、共通する文言を探してみたり、楽しみながら読むことがポイントです。
 
4周目:問題を本番さながらに解いてみる→復習
※もうだいぶ知識が入ってきたはずです。点数は問題ではありませんが、制限時間を意識しながら解いてみてください。
肢別問題集を使っている人は、5肢を最低2分以内で解けるように頑張りましょう。
 
5周目:問題を六法を使いながら解説してみる→自分の盲点に気付く
※5周してもまだ覚えきれていない知識・理解が不十分なポイントは、意外とあるはずです。それを見つけ出すことがここでの目的です。また、予備校本等の解説では、紙幅の関係上内容が不十分なこともあります。そんなところにも気付けるようになれると望ましいですね。
 
6周目以降:自分の弱点を中心に解く
※5周目までで覚えきらない問題は、相当苦手な問題と思われます。弱点克服に努めましょう。あとは、時間制限対策も忘れずに。本番は意外と切羽詰まると思いますよ(特に民事系、刑事系)。
 

まとめ

論文対策も大切ですが、どうやら短答の成績と論文の成績は相関関係があるようです。私自身は当然のことだと思っていました。その法律問題としての本質は同じだからです。本質が分かった人は強い。「法律問題の本質」を見極めて、加速度的な成長を実現してもらいたいと思います。

予備試験・司法試験直前 「予備試験合格者の司法試験合格率」から学習のヒントを得る

1・予備試験の短答式試験を突破している

 
「予備試験の天王山は、論文式試験だから、論文対策こそ肝心だ」とよく言われます。
ただ、一説によると、予備試験の短答式試験の成績と論文式試験の成績は、結構相関関係があるようです。
 
私自身もそう思います。
理由の一つは、私の経験です。
確かに短答式試験で問われる知識が固まってきた辺りから、論文式試験の成績も安定してきました。
また、短答式試験で安定した成績をとるには、知識だけでなく法的思考の安定性も求められます(ブレブレの思考では、ミスが出るように作られているからです)。
そういう意味では短答式試験に対する対応力の向上が論文式試験の成績にも影響していたと思います。
もう一つの理由は、予備試験短答式試験の科目数です。
予備試験の短答式試験では、
 
・商法
・手形法
・小切手法
・民訴法
・刑法
・刑訴法
 
幅広く出されます。
これらを全てクリアすれば当然論文式試験で問われる知識を予習することもできるわけですから、論文式試験の成績が上がる可能性が高まります。
また、網羅的に知識を得ると法律の「体系的な理解」が得られてきます。
これは、熟練の法律学習者の共通認識だと思いますが、「体系的な理解」がないとわからない法律知識は、結構あります。
教科書を読んでわかった気になっても、「体系的な理解」を得て改めて学ぶと全然わかっていなかったことに気付くのは法律学習あるあるです。
 
予備試験の短答式試験合格者は、この部分でアドバンテージを得ている可能性が高いと思います。
「体系的な理解」があれば、短期間でも実力をグッと伸ばす可能性も高まります。
1学んで1を得ていたのが、1を学んで5得られるという現象が起きるからです。
「あの話とこの話って、同じことだよね?」
的な思考がどんどん生まれるようになるからです(パラレルシンキング(法学のコンパス1より))。
 
幅広く知識を得るって、遠回りなようで意外と大事なポイントではないでしょうか。
 
 

法学のコンパス1~総論~(全13ページ)販売します

undefined

 
 

法学のコンパス2~各論~(全40ページ)販売します

undefined

 

2・予備試験の論文式試験を突破している

予備試験の論文式試験を突破することは、かなり狭き門です。
それを突破するということは、それなりに優秀であることが担保されたも同然かもしれません。
 
ただ、多くの予備試験受験生が勘違いしています。
「予備試験の論文式試験を突破するにはすごい答案を書かないといけない」
は、間違いです。
 
理由は2つ。
一つ。
予備試験の時間制限(大体1科目70分)と紙幅制限(わずか4枚)では、大したことが書けません。
最低限のことを書くだけでも結構大変です。
もう一つ。
一部の上位合格者を除けば、普通の人が受かっている。
限られた時間で、短答式試験対策を通じて学んだ知識を精一杯書いていたら、知らぬ間に合格していたという人もいます(私です)。
 
予備試験がいくら難関試験だと言っても、そこで求められるのは、「すごい答案」ではないのです。
そこで求められるのは、「最低限これくらいはできていてほしい」というレベルをクリアすることです(その先は、相対評価の競争です)。
 
つまり、予備試験論文式試験の合格者に言えることは、論文式試験を通じて最低限の法的素養を示したということでしょう。
 
「何が最低限か?」
法律の基礎基本を身につけているということです。
上記の通り、予備試験の起案は、結構大変なんです。
出来ることが限られる中で、法律の基礎基本はしっかり示す。
受かる受験生(法的素養のある受験生)は、これが出来ている。
 
例えば、条文をきちんと適示したり、趣旨から解釈出来ている。
厳しい制限を受けるとこんな当たり前のことが出来なくなります。
それをいつも通りできること。
下記の通り、司法試験の合格にも必須の能力です。
 
 

予備試験過去問の添削指導します

undefined

 
 

3・司法試験合格率の高さ

無論、予備試験合格者の司法試験合格率は、とても高いです。
それをもともとの優秀さに求めることも可能かもしれません。
しかし、あえて凡人にとっても希望があるように考えてみましょう。
 
おそらく予備試験対策を通じて普通に考えれば「あり得ないミス」をしなくなったことが最も大きい理由だと思います。
司法試験では、正しい答えを書いて加点することも大切ですが、それ以上に誤った記述をして失点しないことが大切です。
普通に考えてあり得ない法律論を躊躇なく展開してしまうような人間は、法律実務家としてふさわしくないからです。
 
予備試験を通じて得た「体系的理解」や「法律の基礎基本に沿って最低限のことを書ききる能力」を発揮できれば、「あり得ないミス」はそうそう起こりません。
起案として不十分でも、毎年登場する「あり得ないミス」をする受験生と比べれば、相対的に評価されます。
結果、司法試験にも合格します。
 
予備試験も司法試験も、大事なのは、基礎力。
予備試験という存在がそれを教えてくれていると思います。
 
 

司法試験・予備試験の合格徹底的にサポートします

undefined

 
 

予備試験過去問添削します

undefined

 
 

法律系資格予備校で不合格になる人の特徴 大多数は不合格者

1・基礎学力が足らない

法律系資格を新たに取得しようとする方の大半は、それまでに少しばかりは受験勉強等をしてきた方が多いです。
しかし、いわゆる暗記型の学習をしてきた方は、難関と言われる法律系資格試験(例:予備試験、司法試験等)でだいたい挫折を経験します。
暗記だけでは対応できないほど膨大な情報を新たに学ぶことを求められるからです。
 
ここで言う「基礎学力」とは、基礎的な学ぶ力のことです。
ただ覚えるではなく、新しい知識を理解しながら積み重ねることができる力です。
 
暗記型学習では、この「基礎学力」がなかなか伸ばせません。
覚えたことを吐き出せば足りるレベルのテストならいいのですが、自分で考える力、基礎的な理解をベースに応用する力を求められるとすぐにボロが出ます。
 
法律系資格予備校では、教科書等に書いてある内容をわかりやすくかみ砕いて伝えてくれます。
ただ教科書等を読むだけの勉強よりはるかに効率的だと思います。
しかし、成果が出ない人が大半。
大体合格者に名を連ねるのは、高学歴や地頭のいい人。
法律系資格予備校に高い受講料を支払っても、いわゆる「才能の差」を埋められないまま、試験を終える人がほとんどです。
 
成果を上げるためには、多少遠回りでも「基礎学力」を見直す必要があるかもしれません。
効率的な学習で成果を出せるのは、「基礎学力」がある人だけです。
 
 

2・法律の基礎基本が何かわからない

法律系資格試験で求められるのは、法律の基礎基本を身につけること、それをテストで表現できることです。
ただ、実際に受験勉強している方で「法律の基礎基本が何か」を明確に意識できている人は、かなり少ないと思います。
これが分かっている人は、どんどん合格してしまうからです。
 
上記の「基礎学力」があることを前提とすれば、「法律の基礎基本」を学びきれるか否かが、試験の合否を分けると言っても過言ではありません。
それは、司法試験・予備試験のような難関試験でも同じです。
しかし、法律系資格予備校では、結構この部分の指導を疎かにすることが多いと私自身の経験から感じています。
その理由の一つは、意外と教えるのが難しいことです。
基礎基本は、当たり前のこと過ぎて、指導者自身ももはや「感覚的」になってしまっているのです。
言葉にして伝えなくても、暗黙の共通認識として受け入れられていることが多いので、改めて伝えようとすることもないのかもしれません。
もう一つの理由は、受験生受けが悪いということです。
「当たり前のことを教える」ことに対しては、そんなことを教わるのに高い受講料を払っているのではないという批判が度々出ます。
このような批判に対応しないと、予備校としての評判や業績に影響します。
ゆえに判例や学説等、少々難しく法律を学んでいる感のある内容に多くの時間を使いがちになります。
そんな批判をする受験生は、たいていダメな受験生なのですが。
 
今からでも全然遅くありません。
一度立ち止まって「法律の基礎基本」がちゃんと意識できているか、見直しましょう。
意識できているならそのまま前進、意識できていないなら方向転換をしましょう。
 

3・法律の基礎基本をベースに何をすべきかわからない

「『法律の基礎基本』は知っている」とおっしゃる方は、それなりにいらっしゃいます。
ただ、大体は、そのつもりになっているだけのことが多いです。
 
法的三段論法・要件効果・趣旨・規範・あてはめ等々、学んだことがあることを理由に「自分は知っている」というのです。
しかし、実際の試験等では、それを生かせていない。
だから、成績も上がらない。
 
法律の基礎基本をベースにして成長していくことが必要なのです。
法的三段論法等、法律の基礎基本は、本当に重要です。
法律を学べば学ぶほど、その奥深さや面白さに出会います。
判例の理解が足らない、学説の理解が足らないなど、といったことは、表面的な問題にすぎません。
成績を上げるためのキーポイントは、その理解の促進する基礎基本を身につけることです。
 
判例解説や過去問解説等は、どの法律系資格予備校でも人気講座になるようです。
しかし、どれくらいの割合でそれを生かせる受験生が受講しているのか。
私は、疑問視しています。
 

4・ABprojectならこうする

ABprojectでは、「法律の基礎基本」を最初に明確にします。
法学のコンパス1・2は、「法律の基礎基本」について書いたものです。
 
 

法学のコンパス1~総論~(全13ページ)販売します

undefined

 
 

法学のコンパス2~各論~(全40ページ)販売します

undefined

 
この2冊を通じて法律論の骨組みを意識してもらった上で、どんどん添削指導を進めていきます。
実際に問題を解くことが何よりも法律を学ぶのに有益だと考えています。
「法律は道具」だからです。
法律は使わなければわかりません。
 
単なる知識の解説にとどまることなく、法律の基礎基本に立ち返って如何に膨大な法知識を整理するか。
その「方法」をお伝えしていきます。
「方法」を知り、自分自身の力でそれをすることが出来るようになれば、自習が可能になります。
自習できる力、すなわち、自習力の養成はABprojectの基本理念の一つです。
上記の「基礎学力」の話です。
 
 

予備試験過去問の添削指導します

undefined

 
 

司法試験の過去問を添削します

undefined

 
 

司法試験・予備試験の添削指導します

undefined

 
 

短文形式の問題演習で論文の基礎力磨けます

undefined

法律系資格予備校」以外の選択肢を試してみませんか。

上位合格答案を書きたい人へ 実現可能性のある合格戦略を

いきなり上位合格答案を目指さない

「上位合格答案には学ぶべきことが多い」
という指導を見かけることがありますが。
百害あって一利あるくらいでしょう。
きちんと試験対策された凡人の方ならわかると思う。
「絶対にあんな風には書けない」
 
まず知識量が違う。
勉強量で補うという選択肢がないわけではないでしょう。
しかし、予備試験・司法試験に合格する受験生は、皆必死に勉強してます。
量で差を付けようとすれば、睡眠時間を削り体を壊すリスクを負って勉強しなければならない。
皆努力しているという状況下、「努力の量」で勝ろうという戦略は、あまり功を奏さないと思います。
 
書いている分量が尋常ではない。
普通に急いで書いてもあんなにたくさんは書けない。
書くスピードが人並外れている。
同時に思考を整理するスピードもすごい。
さらに、文字を読むスピードも速いから、十分に書く時間を確保できるという面もある。
つまり、凡人とは、圧倒的な事務処理速度の差がある。
「あの人は頭の回転が速いな・・・」
と言われる人が司法試験の合格を目指し火花を散らす。
その中で上位合格する受験生は、言わずもがなである。
 
どう考えても超えられない壁があるのである。
 

上位合格答案を真似しようとするとどうなるか

凡人が上位合格答案を参考にして学んだと思われる答案を添削することがある。
そこにはこんな特徴がある。
 
・理由付けが甘い→法的論理性が希薄
・あてはめが雑→問題の肝を理解した簡略化になっていない
・幅広く論点に触れているものの、基本知識に誤りがある→問題の解答を覚えただけ
 
上位合格答案は、圧倒的な知識・理解の下で、非常に巧妙に法律論を展開している。
法律論の基礎的な理解を得た人が読むとそのように映る。
一方でそうでない人が読むとどうなるか。
「うわーすげー!」
「たくさん書いてる!」
「出題の趣旨に書いてある論点がちゃんと書いてある」
程度である。
 
大事なことはそこではない。
上位合格答案のすごいところは、「基礎基本を徹底しつつ」、答えるべき論点に真っすぐ答えを提供している点である。
 
「基礎基本を徹底しつつ」を強調したい。
いきなり上位合格答案を真似しようとしてしまう人は、これが見えていない。
法律学習において禁断とされる「100段飛び」の勉強を開始してしまうのである。
 

よくあるこんな悩み

まぶしく輝く上位合格答案を目指して勉強を開始する。
その意気込みは素晴らしい。
しかし、すぐに問題に直面すると思う。
「初見の問題では、全然上手く書けない。」
「書くべき論点に気付けない。」
上位合格答案は、初見の問題にもかかわらず、あのような素晴らしい答案を書き上げているのである。
 
答えるべき論点に真っすぐ答えられるのは、知識があるからという面もあると思う。
しかし、上位合格答案を書き上げた受験生は、初見の問題に対して既知の論点があることに「気付けた」ということに注目してほしい。
論点に対する解答を事前に準備することは、可能である。
論証集を手に入れ、暗記にいそしんでほしい。
 
でも、その「気付き」は、論証集からは得られない。
そう。
「基礎基本を徹底すること」から得られるのである。
司法試験委員会は、受験生に対して一貫して基礎基本の修得を求めている。
答えるべき論点に気付けるかどうかは、基礎基本を徹底できているか否かを測る指標となるのである。
 
上位合格答案を目指す前に、まずは徹底すべき基礎基本を学んでほしい。
それが分かれば、あとは、学習の深化にばく進するだけ。
上位合格答案への道が初めて現れてくるのである。
ただ、無論、その道のりは非常に険しく果てしない。
 

基礎基本を身につける添削指導は?

 
 

司法試験・予備試験の添削指導します

undefined

 
 
 

予備試験過去問の添削指導します

undefined

 
 

司法試験の過去問を添削します

undefined

 
 

短文形式の問題演習で論文の基礎力磨けます

undefined

 

教科書を読んでもわからないのは当然だ 悩める法学徒へ

教科書の落とし穴

 
私の経験上、教科書を読んでその意味を理解できる人は異常だと思う。
教科書は、基本的な理解の一部しか書いていないから。
きちんと理解させるために全てを書けば長くなりすぎるから、エッセンス的な一部しか書いていない。
 
「教科書を読んでも何のことかさっぱりわからない。」
これは、私が小学生の頃からの悩みだった。
テストで点数が取れないわけではない。
でも、全然分かった気にならない。
解答していても、どうもしっくりこない。
 
そんな気持ちのまま気付けば、大学生になった。
それまでの「教えられる勉強」から「自ら学ぶ勉強」にシフトすることができた。
その道の専門家とじっくり対話することができるようになった。
学習指導指針の縛りを受ける自由のない先生からは、到底出てこない発言に出会えるようになった。
 
それでやっとわかった。
「教科書を読んでも何のことかさっぱりわからない。」
これは、当然だった。
教科書には、きちんと理解するために必要な情報が網羅されているわけではないから。
 
小中高大で使った教科書は、いずれも私の「わかった」感を満たしてくれなかった。
人によってはその感覚をうやむやにしたまま過ごすこともできるだろうし、「効率的に結果を出す」という点ではその方が正しい判断かもしれない。
だからこそ、教科書にはとりあえずの知識しか書いていない。
 
ただ、大事だと思う。
そんな教科書を読んで「わかった」と思うのは、わかった気になっているだけだと気づくこと。
だいたいのテストは、教科書に書いてある内容とテストの問題とをリンクさせて解答出来れば、点数がつく。
それが出来るなら、別にちゃんとわかっている必要はない。
だから、「わかった」という感覚がなくても人生何とかなってしまう人がほとんどだと思う。
 
中には、教科書を読むだけで本当にわかってしまう人もいるようだ。
これは、例外だ。
極めて例外。
一を聞いて十を理解できてしまうような人も中にはいる。
学問の世界で上級レベルに行けるような人は、そんな人だと感じる。
 
ただ、その他大勢は、そうではない。
いわゆる普通の人は、教科書を読んでもわからない。
そして、教科書を作成するのは、極めて例外に近い人たちだ。
つまり、教科書を読んでもわからない人たちの気持ちは、わからない。
こうして、今日も読んでもわからない教科書が発行される。
 

教科書に書いていないことを学ぶ必要性

 
教科書の内容を理解するためには、教科書上で文字にされてない知識・理解を得ることが必要である。
大学以降の勉強でそのことがよくわかった。
教科書上で文字にされていない知識・理解とは、いわゆるその分野の基礎基本と呼ばれる事項である。
 
当たり前すぎて書くのがはばかられる。
そして、説明しようとすると意外と奥深い。
学習者にとっての「手っ取り早い」わかりやすさを重視すれば、略した方がいい。
そう考えられてしまうのだろう。
しかし、教科書に書いてあるあらゆる知識は、基礎基本の上に成り立つ。
何事も基礎基本が大事だとも言われる。
当たり前のことであっても、多少遠回りに感じられても、避けて通れない。
私自身は、そう実感している。
 
基礎基本をじっくり時間をかけて学び、その上で、教科書知識を自分の頭で考える。
理解を深めるためには、これしかない。
「わかった」と言えるには、その過程を経るしかない。
 

基礎基本はどこで学べるのか

一部の頭のいい人たちは、この基礎基本をとらえ、自分のものとする能力が非常に高いらしい。
だから、特に教わるわけでもなくその基礎基本を身につけてしまう。
物事を教える人は、だいたいそういう頭のいい人だ。
「ちゃんと勉強すれば、わかるようになる」
そう信じて疑わない人たちだ。
「成績が伸びなのは、勉強の仕方の問題だ」
という方法論に活路を見出す人たちである。
 
しかし、残念ながら必ずしもそうではない。
人は、それぞれ「見えている世界」が違う。
同じやり方をしても「見えるもの」が違う。
だから、生じる結果も違う。
 
方法論の指導は、一見合理的な指導法だが、とても無責任だと思う。
指導するなら身につけるべきことを身につけさせてほしいと思う。
私自身は、受験生時代そう思った。
私は「見えない」人だったから。
「教科書にこう書いてある」と言われても、全然わからなかった。
 
ABprojectの取り組みは、そんな挫折の経験から始まっている。
法学のコンパス1・2では、始めに知るべき法的な視点や考え方を網羅的に提示している。
その上で、徹底的な添削指導で「気付き」「わかった」と感じてもらう。
正直に言えば、ここでの「気付き」や「わかった」は、まだほんの数歩の前身である。
しかしながら、わかった気になっていることに「気付き」、ほんの少しの「わかった」の充実感を感じてもらえると思う。
この時初めて、学習を深めるスタート地点に立ったと言えるのではないだろうか。
 
最後にもう一度。
教科書を読んでもわからないのは当然だ。
あなたが無能だからではない。
あなたの努力が足らないわけでもないかもしれない。
ほんの少し遠回りが足らないだけである。
逆にその遠回りを嫌がる人へ。
それは、自分の成長の可能性を減ずる行為だと思う。
 
 

法学のコンパス1~総論~(全13ページ)販売します

undefined

 
 

法学のコンパス2~各論~(全40ページ)販売します

undefined

 
 

法律学習のお悩みに答えます

undefined

 

まだ判例百選読んでるの? 判例学習を有意義にする正しい考え方

判例学習の犠牲者」にならないために

 
初めに確認しておきたいことは、判例は重要であるということです。
法律を深く理解するためには、幅広く判例を知り、判例を深く理解しているに越したことはありません。
 
しかし、「なぜ判例が重要か?」を考えたことはありますか。
判例・通説は重要だ!」という言葉を鵜呑みにして、とりあえず判例・通説と呼ばれているものは覚えておこうと思っていませんか。
「実務家になるなら重要判例くらい覚えてないと・・・」と言われて焦りを感じたりしていませんか。
 
そもそも、重要判例と呼ばれる判例だけでも全て触れようとすれば、膨大な時間がかかります。
それらを正確に暗記しようとすれば、凡人には到底不可能な領域になるでしょう。
 
「それでもやるんだ!!」「法律の勉強は大変なんだ!!」と強い信念を持ち、勉強に取り組むことは、尊い姿勢だと思います。
しかしながら、それ以外に道はないと信じた結果、早々に挫折し法律の道を諦めてしまっている方を多く見てきました。
まじめに勉強しようとする人ほど、その傾向があるように思います。
 
また、法律の世界には相当数頭のいい人がいます。
尋常ではない量の文献も「努力」で乗り越えられてしまう才能を持った方がごまんといます。
すると、その「努力」を見て自分にはできないと諦めてしまう方がいます。
 
私はそれがとても残念です。
「『凡人』でも目標に到達できる。」
その可能性を少しでも広げたいと考えています。
今回は、多くの法律学習者が挫折する「判例学習」との向き合い方について書いてみたいと思います。
 

判例とは?

 
判例は、ざっくり言えば、ある訴訟に対する裁判所の判断のことです。
つまり、裁判所はその法的紛争をどう解決したのかを記録したものです。
 
判例を見れば
・裁判所はこのような法的紛争はどう解決するのか?
・裁判所はこの法律問題をどのように考えているのか?
がわかるということになります。
 
これは法律問題に対する「正解」を教えるものではありません。
あくまで「裁判所」はどう考えているのか、を示すにすぎないのです。
言ってみれば、数ある法的見解の中の一つにすぎません。
 
確かに、実務の世界では、訴訟の帰趨が裁判所の判断に左右されます。
そのため、判例を事前に知り、それに合わせて訴訟戦略を立てたり、紛争解決を図ったりすることは重要です。
法律学習の中で「判例」を学ばなければならないのもこのためです。
 
しかし、上記の通り、「正解」ではありません。
あくまで「裁判所の見解」を示しているだけなのです。
判例に批判が出ることもあります。
判例自体が変更されることもあります。
判例」に対して何ら疑いの目を向けることなく、妄信的に覚えようという姿勢は、そもそも「判例」とは何かを理解していないことを表していると思います。
 
判例・通説は大事だから覚えよう!!」という指導は、少しでも覚える範囲を明確かつ限定的にしようとする意味では「分かりやすい」と思います。
しかし、「判例・通説」だけでもその範囲は膨大です。
「覚える範囲を分厚いテキストの一部に限定してもらえた!!」とありがたく思えるレベルの話ではないのです。
 

判例はなぜ必要か?

 
判例が実務の世界で重要であることは、上記の通りです。
ただ、判例の機能を知るとその重要性がより分かると思います。
 
判例の機能は主に以下の点が挙げられます。
 
①条文の文言の意義を明らかにする
②条文上不明な点を明らかにする
③当該問題に適用できる条文が存在しない場合の処理を明らかにする
④条文相互の関係性を明らかにする
⑤条文を適用した結果を明らかにする
 
法律問題を解決する際、「条文に基づいて処理する」ことが基本です。
このことは、当ブログを読んでくださっている方なら、もう嫌と言うほど確認したことでしょう。
しかし、「条文」は、万能ではありません。
「条文」を読んだだけでは結論に至らない問題がたくさんあります。
条文と結論との間には、多くの間隙があるからです。
 
上記①~⑤は、条文を正しく使った結果生じる「条文と問題に対する結論との間隙」を示しています。
判例」は、条文の存在だけでは足りない間隙を補う機能を果たしているのです。
 
判例をどう学ぶか?
 
この点を前提にすると、判例との向き合い方が見えてきます。
 
まずは、条文を正しく使うこと(法学のコンパス1参照)。
そして、①~⑤にたどり着けること。
①~⑤のいずれにあたるかを正確に認識した上で、判例の内容を理解すること。
 
条文の正しい使い方を知る。
それを前提に判例の機能を整理し、判例の内容を理解する。
これらの点は、判例を覚えること以上に大切なことだと思います。
 

判例を正しく学ぶ効用

 
判例を正しく学ぶとこんないいことがあります。
判例を知らなくても問題を解けるようになる
・膨大な判例を暗記しやすくなる
判例を「使える」ようになる
 
判例を整理しながら読めるようになると、判例にはある程度のパターンがあることが分かってきます。
すると、「このようなタイプの問題は、こう考えるだろうな!」という予測が立てられるようになります。
判例を知らなくても解ける問題が飛躍的に増えます。
 
また、判例のパターンが見えてくると、頭の中も整理されるため、暗記が楽になります。
だいたいの流れを自分なりに組み立てられるので、キーワードさえ覚えておけば足り、判例の全てをしっかり覚えなくて済むようになります。
 
さらに判例の機能に注目して条文とのつながりを整理できれば、使える形で判例をインプットできます。
判例の結論と理由だけとりあえず暗記しようとしていませんか?
それでは「使える」知識になりません。
安定的に得点できるようになるためには、たくさんの「使えない」知識より少なくても「使える」知識を増やすことが大切です。
特に予備試験・司法試験のような難関試験では、手を変え品を変え、間違いを誘発する仕掛けを与えてきます。
「使える」知識があれば、出題傾向の変化やひっかけなど、受験生が不平不満を述べがちないくつもの壁に動じなくなります。
 
※条文の正しい使い方を知りたいなら・・・
 
判例を知らないから過去問が解けないのか?

知識があっても理解が伴わないのはなぜか? 練習の大切さ

基礎知識を深める

ABprojectでは基礎基本を徹底的に追及するスタイルで添削指導を進めています。
ただ、受講生に多いのは、「知識はあるけど、理解がない」という状態です。
 
基礎力を高めていくためには、単に知識があるだけではダメです。
それを深めていかなければ。
それをどうするかが今回のテーマになります。
 
結論から申し上げます。
「知識はあるけど、理解がない」状態にとどまっているのは、知識の使い方を知らないからです。
 
多くの方は、法律を学ぶ過程で個別の法知識の使い方に触れているだけです。
使い方を学んでいるように見えて、実は、法律問題の解決過程や論理を覚えているだけなのです。
既知の論点なら解けるけど、未知の論点にはさっぱり手が出ないという経験はありませんか。
 
知識の使い方を知るとは、法律論全般に共通する論理の組み立て方を知るということです。
これがわかると、既知の問題はもちろん、未知の問題も自分の持っている知識を使いながら、自分の言葉で解決に導くことができるようになります。
法律家や研究者らが日々仕事ができるのは、知識の使い方を知っているからに他なりません。
 
ということは、法律学習者が学ぶべきことは、知識だけではなく知識の使い方だということになります。
そのことに触れたのが「法学のコンパス1・2」です。
 
 

法学のコンパス1~総論~(全11ページ)販売します

undefined

 
 
 

法学のコンパス2~各論~(全40ページ)販売します

undefined

 

基礎知識を深める練習

ただ、一つ問題があります。
法律の使い方は、説明されてすぐにわかるものではないということです。
 
例えば、ハサミをイメージしてみてください。
紙を切るだけならすぐに出来るかもしれません。
しかし、他人の髪を切る、紙を切って芸術作品を作るなど、その難易度が上がったらどうでしょう。
 
その奥深さに気付くはずです。
説明されるだけでは理解できないことがありますよね。
時にじっくり練習に取り組む必要もあるかもしれません。
 
法律学習でも同じです。
テキストに書いてある内容をかみ砕いて理解するためには、基本知識を前提とした反復練習が不可欠です。
「条文(要件・効果)、趣旨、定義」を知り、「解釈技術」を学びながら、実際に問題を解いてみましょう。
その過程でわかってくることがあります。
 
その過程でわかったことは、テキストの内容を理解するのに役立ちます。
条文を自分の力で解釈し理解できる能力は、テキストの行間を読む力に直結するからです。
 
それをサポートするのがこちらのサービス。
 
 

予備試験過去問の添削指導します

undefined

 
 

司法試験の過去問を添削します

undefined

 
圧倒的に丁寧に添削指導を行います。
そして、添削指導を通じて身につけた見方・考え方などを基に、教科書の内容を条文に従ってきちんと整理できるようになってもらいたいと思っています。
「基礎知識を深める」経験を増やしてもらいたいです。